よくあるご質問 FAQ

検索結果:不正利用

  • クレジットカードの不正利用とはどのようなことを指しますか?

    クレジットカードの不正利用とは、紛失や盗難に遭ったカードが第三者によって
    不正に使われてしまうことをいいます。
    昨今、クレジットカード番号・有効期限などのクレジットカード情報を第三者が不正に入手し、クレジットカードの持ち主になりすまして決済するという行為が社会的な問題となっています。

    オンライン決済のリスクについて

  • クレジットカード決済で第三者による不正利用が心配です。防ぐ手段はありますか?

    はい、ございます。
    「3Dセキュア認証支援サービス」をご利用いただいた場合、

    購入手続き時、本人しか知らないパスワード入力などを用いて、本人認証を行うことが可能です。
    よって第三者による不正利用を防止することができます。

     

    その他、「セキュリティコード」の機能を利用していただくことでも不正利用防止につながります。
    「セキュリティコード」の機能とは、クレジットカード番号とは別に、

    カード裏面に印字されている末尾3桁(AMEXの場合は表面の4桁)の

    数字を入力してもらうことで、本人認証を行うサービスです。
    ※カード会社により表示箇所および名称が異なります。

     

    セキュリティコードは、クレジットカードの磁気情報の中に含まれておらず、
    万が一カード番号と有効期限の情報がスキミングなどにより盗まれたとしても、
    カード自体が手元に無い場合には確認のしようがない情報です。
    そのため、第三者によるクレジットカードの不正利用を防ぐ本人認証の方法として、利用が推奨されています。

    3Dセキュア認証支援サービスの詳細へ

    セキュリティコードの詳細へ

  • 不正利用対策用に、どのオプションを導入すればいいのか分かりません

    3Dセキュア認証支援サービス、チャージバック保証サービス、不正検知サービスよりご導入をご検討下さい。

    3Dセキュア認証支援サービスの詳細へ

    チャージバック保証サービスの詳細へ

    不正検知サービスの詳細へ

    なお、ご利用希望の場合は、新規申込時に選択いただくか、管理画面の「決済・オプションの追加申請」よりお申込みください。

  • クレジットカードを利用した決済で不正利用された場合、支払いはどうなりますか?

    不正利用の場合、カード会社が支払いを拒絶しますので、イプシロンも加盟店様にお支払いすることができません。
    すでにイプシロンと加盟店様にて精算が終了している場合、直近のお振込み分より相殺できない場合は、イプシロンに該当金額をご返金いただきます。よって商材を提供したにも関わらず、その対価分は振込まれません。
    上述はイプシロン決済サービス利用規則(クレジット決済関連)第9条に基づいた対応となり、チャージバックと称されます。

  • チャージバック保証サービスと不正検知サービスを併用している場合に、チャージバック保証サービスで保証されない場合を教えてください。

    下記の2点が想定されます。

    ・不正検知サービスの検索結果のFraud Riskスコアが600点以上(不正利用の可能性が高い)場合
    ・不正検知サービスの検索結果のFraud Riskスコアが600点未満(不正利用の可能性が低い)であっても、チャージバック保証サービスの保証条件となっている本人確認をせずに商品配送をした場合や、保証対象外となっている転送アドレスへの配送をした場合

    ※保証には株式会社アクルの審査を通過する必要があり、
    上記に当てはまらない場合に無条件で保証されるわけではございません。

  • カード会社より、不正利用の可能性がある取引を事前にお知らせしてもらうことはできませんか?

    カード会社にてモニタリング調査を行っており、モニタリング調査にて検知されたお取引につきましてはご連絡をさせていただいております。
    しかしながら、全てのお取引を網羅することはできない状況でございます。

  • カード決済以外にも、不正利用が発生することはありますか?

    はい、下記の決済サービスにおいて不正利用が発生する可能性がございます。
    ・PayPal決済
    ・Yahoo!ウォレット決済
    ・スマートフォンキャリア決済
    ・JCB PREMO
    ・Amazon Pay
    ・楽天ペイ
    ・多通貨決済

  • 不正利用に狙われやすい商材はありますか?

    転売しやすい商品が狙われやすい傾向にございます。
    例)ブランド品 / 家電製品 / デジタルコンテンツ(オンラインゲーム、音楽配信など)/ PC関連商品
    ※一例となり、必ずしも不正な取引であるというわけではございません。

  • セキュリティコードの機能とは?

    クレジットカード決済を利用して購入手続きをする際に、クレジットカード番号とは別に、カード裏面に印字されている末尾3桁(AMEXの場合は表面の4桁)の数字を入力してもらうことで、本人認証を行うサービスです。
    ※カード会社により表示箇所および名称が異なります。

    セキュリティコードは、クレジットカードの磁気情報の中に含まれておらず、万が一カード番号と有効期限の情報がスキミングなどにより盗まれたとしても、カード自体が手元に無い場合には確認のしようがない情報です。
    そのため、第三者によるクレジットカードの不正利用を防ぐ本人認証の方法として、利用が推奨されています。
    ※セキュリティコードを利用した場合でも、不正利用などの理由により、
    チャージバックが発生する可能性があります。

    セキュリティコードの詳細へ

  • 3Dセキュア認証支援サービスを導入すれば、チャージバックは発生しませんか?

    発生しないとは断言できませんが、3Dセキュア認証支援サービスはチャージバック、ならびに不正利用の防止策として非常に有用なサービスでございます。

  • 不正検知サービスとは何ですか?

    購入者様のメールアドレスをアップロードをすることで、不正利用の可能性を確認するサービスです。

    配送前に不正利用を検知することで、チャージバックを未然に防ぐことができます。

  • チャージバック保証サービスの保証対象となるチャージバックの範囲を教えてください。

    不正利用を発端としたチャージバックが保証対象となります。

    加盟店様の故意・過失が認められた場合は保証対象外になる可能性がございます。

  • PayPal決済で不正利用された場合、売上金は入金されますか?

    チャージバックが発生した場合は、売上金をご入金できない、もしくはご返金いただくこととなってまいります。
    また、PayPal決済にてチャージバックが発生した際には、1件の取引につき1,300円の手数料が発生いたします。

    PayPal決済のチャージバックについてはこちらもご参照ください。

  • Yahoo!ウォレット決済で不正利用された場合、売上金は入金されますか?

    不正利用の場合、決済事業者が支払いを拒絶しますので、イプシロンも加盟店様にお支払いすることができません。
    すでにイプシロンと加盟店様にて精算が終了している場合、直近のお振込み分より相殺できない場合は、イプシロンに該当金額をご返金いただきます。よって商材を提供したにも関わらず、その対価分は振込まれません。
    上述はイプシロン決済サービス利用規則(Yahoo!ウォレット決済関連)第10条に基づいた対応となり、チャージバックと称されます。

    ※チャージバックとは?
    クレジットカード会員がクレジットカード決済において、何らかの理由で利用代金の決済に同意しない場合に、クレジットカード会社が加盟店に対して支払いを拒絶すること

  • PayPayで不正利用があった場合、どうなりますか?

    第三者による不正利用が行われた場合でも、原則加盟店に取引金額の全額を入金いたします。
    また、「チャージしたPayPay残高から支払い」された取引に対して不正利用による被害に遭われた方などへの補償が発生した場合はPayPayが負担し、加盟店に負担を求めることはありません。

     

    ※不正利用やそのおそれ発生時には加盟店に各種のご協力をいただきます。
    ※加盟店側に故意または過失などがあった場合は、入金しない場合および負担を求める場合があります。
    ※詳しくは、お申込時にご提供するPayPay株式会社発行のPayPay加盟店規約を参照ください。

お問い合わせはこちら