街中にあふれている「○○Pay」といった新しい決済手段ですが、その波はオンラインのネットショップにも来ています。
それらはID決済といわれ、ネットショップのコンバージョン率に大きな影響を与えています。
今のうちにID決済について知っておきましょう!

1.ID決済とは?
2.主要なID決済
3.まとめ

1.ID決済とは?

実店舗で利用する「○○Pay」がQRコード決済であるのに対し、オンライン上で利用する「○○Pay」はID決済と呼ばれます。

QRコード決済(実店舗、対面決済)
・PayPay、LINE Pay、d払い、au PAY、メルペイ、Origami Pay、ファミペイ、楽天ペイなど
・専用アプリをスマートフォンにインストールし、クレジットカードや銀行口座を登録します。
・支払いの際はレジでQRコードを表示または読み取ることで、支払いが完了します。

ID決済(ネットショップ、非対面決済)
・Amazon Pay、楽天ペイ、LINE Pay、Yahoo! ウォレット、PayPalなど
・各サービスのアカウント(ID)を作成し、住所やクレジットカード情報などを登録します。
・ネットショップなどでの購入時にIDでログインすることで、登録している情報が自動で連携され、購入が完了します。

通常、ネットショップで商品を購入する場合、購入者様は名前やお届け先住所、クレジットカード番号など多くの情報を入力する必要があります。
しかしID決済なら購入者様はIDでログインするのみでほとんどの情報が自動で連携されて購入が完了するため、コンバージョン率の改善が期待できます。

2.主要なID決済

QRコード決済と同様、ID決済も様々な新しいサービスが提供されています。
利用しているショッピングカートによって、導入できるものできないものがありますので、ぜひ確認してみてください。

Amazon Pay

アカウント: Amazon.co.jp(以下、Amazon)
特徴:世界中でサービス提供をするAmazonの世界水準の情報セキュリティーで保護されます。
連携しているショッピングカート: カラーミーショップMakeShop、など(https://pay.amazon.co.jp/integration

楽天ペイ

アカウント:楽天
特徴:決済時に「楽天スーパーポイント」の獲得および利用が可能です。
連携しているショッピングカート: カラーミーショップMakeShop、など(https://checkout.rakuten.co.jp/biz/partner/

Yahoo! ウォレット

アカウント:Yahoo! JAPAN
特徴:Tポイント獲得対象のサービス、コンテンツを購入すると自動的にTポイントがたまります。
連携しているショッピングカート: GMOイプシロン提携カートなど(https://wallet.yahoo.co.jp/business/

LINE Pay

アカウント:LINE
特徴:クレジットカードを持っていなくても、チャージ残高からお支払いが可能です。
連携しているショッピングカート:MakeShopのみ(2019年9月時点)

3.まとめ

実店舗でのQRコード決済とともにネットショップでのID決済の盛り上がりは引き続き続く見込みです。
どのID決済も購入者のメリットが多く、導入したことで売上が大幅に上がったネットショップもいらっしゃいます。
ぜひ今のうちにID決済について知り、導入も検討してはいかがでしょうか。