ブラウザ国内トップシェアのGoogle Chromeがアップデートにより、HTTPページでデータを入力した場合にアドレスバーに「保護されていない通信」が赤く警告表示されるようになりました。
あなたのサイトで、このような赤い警告表示はでていませんか?赤い警告表示

アドレスバーに出るマークは3種類あり、それぞれ通信の保護状況について表しています。

サイトの接続が安全かどうかを確認する - Google Chrome ヘルプサイトの接続が安全かどうかを確認する – Google Chrome ヘルプ

アドレスバーに「保護されていない通信」といった警告が表示されていると、サイト訪問者に不信感を与えてしまい、サイトから離脱してしまう要因になってしまいます。
この警告を出さないためには、「常時SSL」といって、すべてのページを「HTTPS」表示にする必要があります。
では、「HTTPS」表示にするためにはどうすればよいのでしょうか?

1.「HTTPS」とは?
2.あなたのサイトは大丈夫?
3.SSL証明書はどこで手に入れる?

 

1.「HTTPS」とは?

HTTPS」とは、HyperText Transfer Protocol Secureの略です。
HTTP」との違いは最後の「Secure」があるかないかです。SSL証明書を利用することで通信データが暗号化され、第三者から守られると「HTTPS」になります。
つまり、暗号化されていない通常のHTTP通信ではデータを第三者に盗み見られてしまう可能性を防げない、ということです。

 

2.あなたのサイトは大丈夫?

まずは、Google Chromeであなたのネットショップやコーポレートサイトなどを開いてみましょう。
HTTPS通信なら、ブラウザのアドレスバーで鍵マークが表示され「https://」で始まります。HTTP通信のままなら、鍵マークはなく「http://」で始まります。

さて、アドレスバーに鍵マークはついていますか?
保護されていない通信」という赤い警告表示はされていませんか?

サイトの接続が安全かどうかを確認する - Google Chrome ヘルプサイトの接続が安全かどうかを確認する – Google Chrome ヘルプ

もし鍵マークがついていなかった場合、サーバにSSL証明書をインストールすることでHTTPS通信にすることができます。
インストール方法がわからない、という方は、サイト制作会社などに相談してみてください。

 

3.SSL証明書はどこで手に入れる?

GMOイプシロンでは業界シェア&純増数No.1の「グローバルサインSSLサーバ証明書」を【最大45%オフ】で購入できる特別なクーポンを販売しています。

新規、更新、乗換のいずれの場合でも特別価格にて購入することができます。
新規のサイト構築はもちろん、証明書の更新の際にも是非、クーポンの購入をご検討ください。
SSLサーバ証明書(クーポン)のご購入はこちら

 

併せてこちらの記事もお読みください。

SSLサーバ証明書って何?安心して買い物できるネットショップを目指せ!