今回は、2017年に日本に参入したECプラットフォーム「Shopify」に導入できる決済と特徴をご紹介します!

1.Shopifyとは?
2.Shopifyに導入できる決済手段
3.まとめ

1.Shopifyとは?

Shopify(ショピファイ)とは、カナダ発のECプラットフォームです。
https://www.shopify.jp/

Shopifyを利用しているネットショップは世界で80万店舗以上、世界最大のネットショップ制作プラットフォームと言われています。
日本には2017年に参入し、個人事業主から大手有名企業まで多くのネットショップでShopifyが選ばれています。

2.Shopifyに導入できる決済手段

Shopifyに導入する決済で一番に目につくのは、公式のShopify ペイメントだと思いますが、他にも様々な決済を導入することができます。
それぞれ対応ブランドや特徴が異なりますので、ぜひあなたのネットショップに合った決済手段を導入しましょう。

Shopify ペイメント

対応決済:クレジットカード決済(Visa/Mastercard/American Express)
クレジットカード決済手数料:3.25%~(海外発行カードの場合は3.8%~)
特徴:通常0.5%~2.0%かかる取引手数料が、かかりません。

GMOイプシロン

対応決済:クレジットカード決済(Visa/Mastercard/American Express/JCB/Diners)
     コンビニ決済、ゆうパックコレクト、カンガルー代引、GMO後払い、
     ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて払い、PayPal
クレジットカード決済手数料:3.2%~(海外発行カードも同手数料)
特徴:クレジットカードだけでなく様々な決済を最安値で一括導入が可能です。
   また、Shopify ペイメントと併用することで、取引手数料がかかりません。

Shopify×イプシロンの詳細はこちら

その他、クレジットカード決済は以下が導入可能です。
・PayPal
・Amazon Pay
・KOMOJU
・Stripe
・2Checkout
・CyberSource

また、珍しい決済でいうと、仮想通貨も導入することができます。
・BitPay(対応ブランド:ビットコイン、ビットコインキャッシュ)

3.まとめ

海外対応も視野に入れているなら、Shopifyでネットショップを作るのは、とてもおすすめです。
デザインプレートから必要なものを選ぶだけで簡単にネットショップが作れますので、Shopifyでネットショップを作ってみようかな?という方は、14日間の無料トライアルでお試ししてはいかがでしょうか。

Shopifyに導入できる決済の中では、今回ご紹介したShopifyペイメントとGMOイプシロンの決済を2つ併用していただく方法が、最もお得になっています。(2019年8月末時点)
各サービス比較しながら、検討してみてください。