よく耳にする「ささげ業務」とは・・・
撮影(さつえい)
採寸(さいすん)
原稿(げんこう)

この頭文字をとって「ささげ」と言います。
ネットショップは実際にお客様が商品を手にとって確認することができないため、売上に直結するとても重要な業務であると言えます。

「販売したい商品数が多くて自社じゃできない!」「商品撮影に自信が無い!」という方は、ささげ業務のアウトソーシングサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

おまかせWEB商品撮影サービス

https://ec.omakaseweb.com/

4,000店舗を超えるECショップ向けの商品画像の撮影実績があります。
ハイクオリティな物撮りをお手頃な価格、ご予算に合わせて提供できるように撮影プランを複数ご用意しています。さらに10商品以上まとめてのご注文は大幅値引きしており、大変お得になっています。(サイトより)

こちらは1カット190円~と 格安で商品撮影を行ってくれるサービスで、実店舗の撮影はもちろん、倉庫の商品撮影なども対応してくれるそうです。

Lancers

https://www.lancers.jp/

また、Lancersなどのクラウドソーシングサービスで業務を委託するという手もあります。
Lancersを利用するメリットは、個人間でやりとりをするため企業に依頼するよりも安価で柔軟に仕事を請けてもらえることが多い点です。

【Lancersで仕事を委託する方法】

①仕事を依頼するを選択②依頼したい仕事の内容を記入 ③仕事を登録して応募を待つだけ!

ランサーズを見てみると、ネットショップ運営に関するお仕事がたくさん見つかりました。
例えば、撮影は自分でできそうだけれど商品の説明を考えるのが苦手・・・という方はランサーズでライティングのみで募集をしてみるのも良いかもしれません!
アウトソーシングできる部分は外部にお任せして、効率良くネットショップの運営をしていきましょう!