家計簿アプリだけでなく、ビジネス向けサービスも続々展開するマネーフォワード社。
今回はビジネス向けのMFクラウドサービスの中から、MFクラウドファイナンスについて担当の野崎様と加藤様にお話を伺いしました。

マネーフォワードと言えば、スマホで簡単に家計簿がつけられるアプリのイメージが強いのですが、ビジネス向けのサービスもたくさんあるのですね。

はい、最初は個人向けの自動家計簿・資産管理サービスを提供していたのですが、サービスの利用者が増えるにあたって、色々なニーズが出てきました。
家計簿を利用しているお客様から「家計簿のデータを使って確定申告もできたら便利なのに…」という声をいただき、ビジネス向けのサービスも開始しました。
現在は、会計の業務をサポートするサービスとしてMFクラウド会計・確定申告やMFクラウド請求書、MFクラウド経費など、人事労務業務をサポートするサービスとして、MFクラウド給与などの ビジネス向けサービスを展開しています。


↑業務効率化をサポートするMFクラウドのサービス一覧(マネーフォワードHPより)

MFクラウドファイナンスとはどのようなサービスですか?

お客様がMFクラウド会計・確定申告を利用するとクラウド上に銀行口座の入出金データが溜まっていきます。このデータを上手く活用して何か新しいサービスができないかと考えて生まれたのがMFクラウドファイナンスです。
現状の融資の課題として、融資を受けるにはまず資料を作成して金融機関に提出する必要があるのですが、資料の作成はとても大変で、かなりの時間と手間がかかります。
資料を準備して金融機関の窓口まで持って行ったのに、審査で2ヶ月くらい待った挙句、審査に落ちてしまうということも珍しくないそうです。
金融機関や融資商品によっては異なってくると思うのですが、ユーザーヒアリングをする中でここに大きな不満があると考えました。また、金融機関に提出する資料の元となるデータは会計ソフト上にあるデータのため、MFクラウド会計・確定申告のデータをそのまま金融機関に持って行くことができれば、時間と手間を削減できるとも考えました。
金融機関としては、人の手で融資審査をするのである程度融資金額が大きくないとコスト倒れになってしまうという実状があるそうです。
そこで、融資を受けたいお客様と、金融機関のこのギャップをどうにか埋めたいと思い、試行錯誤した末にMFクラウドファイナンスが生まれました。
MFクラウド会計・確定申告のデータを活用すれば、融資審査に必要な資料を作成する時間もコストも削減できますし、金融機関も審査業務にかかる時間と人員を削減することができます。
このように、MFクラウドファイナンスは、お客様の「借りたいけれど、金額が小さくて借りられない」という悩みと、金融機関の「貸したいけれど、金額が小さくて貸しにくい」という双方の悩みを解消できるサービスです。

小さい金額を何度も借りたい中小規模のお客様に特にぴったりなサービスですね。

ありがとうございます。サービスを開始してみて思ったことは、中小規模のお客様にとっては名の通った金融機関から融資を受けられるということ自体がひとつのステータスになっている部分があるということです。
お客様の中には「企業HPの取引金融機関の欄に名の通った金融機関の記載があると、取引先や顧客から安心感を持たれる」という意識をお持ちの方が多いように感じました。
MFクラウドファイナンスでは、GMOイプシロン、福岡銀行、福井銀行のいずれかの金融機関から融資を受けることができます。GMOイプシロンは東証一部上場企業のグループ会社ですし、福岡銀行、福井銀行ともに地域で有名な銀行ですので、取引金融機関としては十分ステータスとなる金融機関です。
MFクラウドファイナンスを活用してスムーズに融資を受けられるだけでなく、優良な金融機関と取引しているという実績がお客様の信頼度を高めると思っています。

サービスリリースから約1年が経過しましたが、お客様からの反響はいかがですか?

「思っていたよりも手続きが簡単だった」、「早く融資を受けることができて驚いた」という声をよくいただきます。
私どもとしてもサービスの使い勝手や、スピード感の部分でお客様に好感をいただいている実感があります。
しかし、MFクラウドファイナンスの利用者はMFクラウド会計・確定申告の利用者のうちまだ少ないのが現状です。MFクラウドファイナンスの便利さを知っていただき、たくさんのユーザーに届けていきたいと思っています。

今後ユーザー獲得のために取り組んでいこうと考えていることがあれば教えてください

そうですね、中小規模のお客様が持つ資金調達に関する不安のひとつひとつを取り除いていくことが大切だと思っています。
融資を受けたいと思っているお客様が抱く不安のひとつとして、自分の会社がいくらまで借りることができるかわからない、ということが挙げられます。
将来的には、金融機関からいくらまで借りることができるのか、いつでもわかるようなサービスにして行きたいと思います。
それ以外にもサービスを利用するにあたって、お客様が感じている不安を払拭できるよう、日々サービス改善を考えています。

最後に一言お願いします。

融資において、お客様が一番重視されているのは金利の部分だと思いますが、MFクラウドファイナンスを始めてみて、サービスの利便性やスピード感といった点においても重視しているということがわかりました。
今後も当社では、ベンチャー企業のスピード感を活かして、まだ融資に対して不安や負担が大きいと感じている方にも、身近に感じていただけるような利便性の高いサービスを目指していきます!
気になった方はぜひサービスページを覗いてみてください!

株式会社マネーフォワード

2012年5月の設立以来、個人向けの自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」、自動貯金サービス「しらたま」、ビジネス向けのクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」などを提供している。

マネーフォワード https://corp.moneyforward.com/
今回ご紹介いただいたMFクラウドファイナンス https://biz.moneyforward.com/finance