決済・オプションサービスについて

決済・オプションサービスについて

3Dセキュアとは、クレジットカード会社が開発したインターネット上での本人認証の仕組みです。
購入手続き時、クレジットカード会社に登録したパスワードを入力してもらうことで、本人認証を行います。
国際ブランドごとにそれぞれ異なるサービス名で行なっております。

・VISA     :VISA認証サービス
・MASTER CARD:SecureCode
・JCB      :J/Secure

いいえ、対応していません。
3Dセキュアはクレジットカード会社が携帯未対応のため、携帯電話からのご注文は本人認証が行なわれません。
そのためお申込みいただいてもご利用はできません。

はい、以下の場合は、本人認証が行なわれません。

・購入者が所有しているクレジットカード発行会社が3Dセキュアに対応していない場合
例)AMEXやDINERS
・クレジットカード所有者がパスワード登録を行なっていない場合
・携帯電話からの注文の場合
(クレジットカード会社が携帯電話からの本人認証システムに対応していないため)
・決済の金額を変更した場合
・カード会社におけるシステムメンテナンスや障害により、
3Dセキュア認証支援サービスがご利用いただけない場合

3Dセキュア、チャージバック保証サービス、不正検知サービスよりご導入をご検討下さい。

3Dセキュア認証支援サービスの詳細へ

チャージバック保証サービスの詳細へ

不正検知サービスの詳細へ

なお、ご利用希望の場合は、新規申込時に選択いただくか、管理画面の「決済・オプションの追加申請」よりお申込みください。

3Dセキュアのパスワードを登録しているクレジットカードにて決済される場合は、3Dセキュアのパスワード入力が必須となります。
3Dセキュアのパスワードを登録していないクレジットカードの場合はパスワードの入力は省略されます。

イプシロン管理画面「決済状況の確認」にてご確認いただけます。
「3DS認証状況」という項目をご確認ください。
※詳細な確認方法はこちらよりご確認いただけます(ページ下部)。

発生しないとは断言できませんが、3Dセキュアはチャージバック、ならびに不正利用の防止策として非常に有用なサービスでございます。

多通貨決済は3Dセキュア認証支援サービスを標準搭載することでセキュリティ対策を講じております。
3Dセキュア認証支援サービスの詳細につきましてはこちらをご確認ください。

はい、ございます。
イプシロンの「3Dセキュア認証支援サービス」をご利用いただいた場合、購入手続き時、本人しか知らないクレジットカード会社に登録したパスワードを入力してもらうことで、本人認証を行うことが可能です。
よって、第三者による不正利用を防止することができます。

その他、「セキュリティコード」の機能を利用していただくことでも不正利用防止につながります。

 

3Dセキュア認証支援サービスの詳細へ

セキュリティコードの詳細へ

はい、ございます。
イプシロンの「3Dセキュア認証支援サービス」をご利用いただいた場合、購入手続き時、本人しか知らないクレジットカード会社に登録したパスワードを入力してもらうことで、本人認証を行うことが可能です。
よって第三者による不正利用を防止することができます。

その他、「セキュリティコード」の機能を利用していただくことでも不正利用防止につながります。
「セキュリティコード」の機能とは、クレジットカード番号とは別に、カード裏面に印字されている末尾3桁(AMEXの場合は表面の4桁)の数字を入力してもらうことで、本人認証を行うサービスです。
※カード会社により表示箇所および名称が異なります。

セキュリティコードは、クレジットカードの磁気情報の中に含まれておらず、
万が一カード番号と有効期限の情報がスキミングなどにより盗まれたとしても、
カード自体が手元に無い場合には確認のしようがない情報です。
そのため、第三者によるクレジットカードの不正利用を防ぐ本人認証の方法として、利用が推奨されています。

3Dセキュア認証支援サービスの詳細へ

セキュリティコードの詳細へ

クレジットカード決済

はい、ございます。
イプシロンの「3Dセキュア認証支援サービス」をご利用いただいた場合、購入手続き時、本人しか知らないクレジットカード会社に登録したパスワードを入力してもらうことで、本人認証を行うことが可能です。
よって第三者による不正利用を防止することができます。

その他、「セキュリティコード」の機能を利用していただくことでも不正利用防止につながります。
「セキュリティコード」の機能とは、クレジットカード番号とは別に、カード裏面に印字されている末尾3桁(AMEXの場合は表面の4桁)の数字を入力してもらうことで、本人認証を行うサービスです。
※カード会社により表示箇所および名称が異なります。

セキュリティコードは、クレジットカードの磁気情報の中に含まれておらず、
万が一カード番号と有効期限の情報がスキミングなどにより盗まれたとしても、
カード自体が手元に無い場合には確認のしようがない情報です。
そのため、第三者によるクレジットカードの不正利用を防ぐ本人認証の方法として、利用が推奨されています。

3Dセキュア認証支援サービスの詳細へ

セキュリティコードの詳細へ

多通貨決済

多通貨決済は3Dセキュア認証支援サービスを標準搭載することでセキュリティ対策を講じております。
3Dセキュア認証支援サービスの詳細につきましてはこちらをご確認ください。

セキュリティオプション

3Dセキュアとは、クレジットカード会社が開発したインターネット上での本人認証の仕組みです。
購入手続き時、クレジットカード会社に登録したパスワードを入力してもらうことで、本人認証を行います。
国際ブランドごとにそれぞれ異なるサービス名で行なっております。

・VISA     :VISA認証サービス
・MASTER CARD:SecureCode
・JCB      :J/Secure

いいえ、対応していません。
3Dセキュアはクレジットカード会社が携帯未対応のため、携帯電話からのご注文は本人認証が行なわれません。
そのためお申込みいただいてもご利用はできません。

はい、以下の場合は、本人認証が行なわれません。

・購入者が所有しているクレジットカード発行会社が3Dセキュアに対応していない場合
例)AMEXやDINERS
・クレジットカード所有者がパスワード登録を行なっていない場合
・携帯電話からの注文の場合
(クレジットカード会社が携帯電話からの本人認証システムに対応していないため)
・決済の金額を変更した場合
・カード会社におけるシステムメンテナンスや障害により、
3Dセキュア認証支援サービスがご利用いただけない場合

3Dセキュア、チャージバック保証サービス、不正検知サービスよりご導入をご検討下さい。

3Dセキュア認証支援サービスの詳細へ

チャージバック保証サービスの詳細へ

不正検知サービスの詳細へ

なお、ご利用希望の場合は、新規申込時に選択いただくか、管理画面の「決済・オプションの追加申請」よりお申込みください。

3Dセキュアのパスワードを登録しているクレジットカードにて決済される場合は、3Dセキュアのパスワード入力が必須となります。
3Dセキュアのパスワードを登録していないクレジットカードの場合はパスワードの入力は省略されます。

イプシロン管理画面「決済状況の確認」にてご確認いただけます。
「3DS認証状況」という項目をご確認ください。
※詳細な確認方法はこちらよりご確認いただけます(ページ下部)。

発生しないとは断言できませんが、3Dセキュアはチャージバック、ならびに不正利用の防止策として非常に有用なサービスでございます。

不正利用・チャージバック

はい、ございます。
イプシロンの「3Dセキュア認証支援サービス」をご利用いただいた場合、購入手続き時、本人しか知らないクレジットカード会社に登録したパスワードを入力してもらうことで、本人認証を行うことが可能です。
よって、第三者による不正利用を防止することができます。

その他、「セキュリティコード」の機能を利用していただくことでも不正利用防止につながります。

 

3Dセキュア認証支援サービスの詳細へ

セキュリティコードの詳細へ