多店舗展開するショップが増えている

近年、カラーミーショップやメイクショップ、BASEやStoresなどのサービスを利用して初心者の方でも自社のECサイトを簡単に作成できるようになりました。

自社のECサイトがある程度軌道に乗ってきたら、販売機会を増やすという目的でモールに同時出店するという方もいらっしゃるようです。

 

週刊日流eコマースによると、楽天ショップオブザイヤーを受賞した店舗のうち89%は楽天とYahoo!ショッピングの両方に出店していることがわかりました。

また、楽天のみで出店している単店はたったの1%と、ほとんどのお店が多店舗展開していることがわかります。

改めて、多店舗展開するメリットを考えていきましょう。

 

多店舗展開のメリットとは!?

一言で言うならば、多店舗展開をするメリットはお客様との接点を増やし、売上を最大化できる点だと思います。

他にも、複数店舗で同時に違う販促手法を試すことで、どちらの販促が効果的なのかを知ることができたり、事業リスクを軽減したりとメリットはあります。

また、各モールごとに特徴とターゲットが違うので、それに併せて施策を打つことで適切な訴求をすることができます。

しかし、いくら簡単にネットショップが開店できるようになったとはいえ、多店舗展開したショップをきちんと運営していくのはなかなか容易ではありません。お客様との接点が増える分だけ、業務量も増加します。

具体的にどのようなことが大変になるかというと・・・

・在庫管理が複雑化する

・商品や、情報の更新をすべての店舗で行う必要がある

・お客様からの問い合わせの窓口が増える・・・など多少なりとも業務量が増えてしまうというのも事実です。

多店舗展開のメリットは大いにあるものの、業務負荷が増えることが心配でなかなか踏み切れないという方もいらっしゃると思います。

そんな不安も外部サービスを利用することで簡単に解決します。

おすすめなのは、「速販C2」です。

複雑なネットショップの受注管理業務を一括管理。

システムに任せることで、商品企画や販促に時間を有効活用!

問い合わせにも素早く対応でき、顧客満足度アップ!

明日からの売上アップを強力に支援します。(HPより)

 設定は会社名や所在地、メールの設定、各店舗の情報を入力するだけで、受注管理をはじめ、データ連携などたくさんの便利な機能をすぐに使うことができます。

便利な機能一覧

速販

「速販C2」なら、これだけ多くの機能を使うことができます。

機能の多様さはもちろん、主要なモール、カートをはじめ、送り状ソフトや倉庫管理システムとも連係しているため、店舗の拡大と業務効率化を同時に実現できます。

受注管理画面が非常に使いやすいため 、一度他のツールを取り入れてみたけれど「速販C2」を再契約した方も多くいらっしゃるとのことです。

また、一般的に受注管理システムは、受注件数による従量課金タイプが多いですが、「速販C2」は受注件数に制限がない定額プランがあります!

もちろん、従量課金プランもありますので、お客様の状況に応じて料金プランを選択できることも嬉しいですよね。

 

「速販C2」で解決できることまとめ

・送り状印刷や決済サービスの連係が、データ連携できるため人為的ミスが防げる!

・各ECサイトの管理画面で行っていた受注業務が、「速販C2」の中でほぼ完結するため、購入者からのお問い合わせにも迅速な対応ができる! 

・個々の注文をステータスで管理できるため、簡単にお客様の状況が把握できる!

 

より詳細な情報はサイトにあるので、気になった方はぜひ見てみてください。http://sokuhan.jp/sokuhan/

自社にあったツールを取り入れて効率よく売上を伸ばしていきましょう!